ホーム > 活動報告

活動報告

第7回 明日の観光を考える会

2019年10月02日


朝7:30~都内のホテルにて、門博文が世話人を務める「明日の観光を考える会」の第7回勉強会が行われました。今回は、「東京ディズニーリゾートの現状と今後の戦略」と題して、㈱オリエンタルランド執行役員の霜田朝之氏に講演賜りました。東京ディズニーランドとディズニーシー合わせて年間3,000万人、1日平均8万人が訪れるマンモステーマパークです。8万人は、東京ドーム満員の約2回分。霜田執行役員のお話によると、現在の運営上の悩みは、「混雑の緩和、そして解消」とのこと。アプリの導入により混雑が多少緩和できたそうですが、「まだまだ、ゲストの皆様にとっては不十分なところがあると思うので、もっと改善していかなければならない」とおっしゃっておりました。おごり高ぶらず、常にゲスト目線の姿勢に、感心いたしました。

かど博文の政策