ホーム > 活動報告

活動報告

JA和歌山からのご要望

2020年03月13日


JA和歌山の坂東組合長はじめ役員の皆様より「強い農業・担い手づくり総合支援交付金事業」を活用した”育苗施設(グリーンステーション)新設”の要望を受けました。苗の育苗は年々増加傾向、そして間借りした置き場所で育苗を行っているため高品質な苗の生産が困難で、またピーク時の対応や育苗管理にも支障が出ており、生産者の負担も年々増しているそうです。そのような現状の改善を図るため、栽培面積の維持拡大、高品質な苗の生産量アップ、生産者の労力軽減等を目的とした”育苗施設新設”の要望でした。農業の担い手が働きやすい環境を整えることは、日本の農業の未来にとって大変重要なことです。お力になれるよう関係各所に積極的に働きかけます。

かど博文の政策