ホーム > 活動報告

活動報告

「令和の恐慌」回避のための30兆円規模の補正予算編成に関する提言

2020年03月12日


門博文も一員であります自由民主党若手議員の有志一同45名は、二階幹事長のもとを訪れ、新型コロナウイルスの感染拡大による経済への影響を抑えるため、国債を財源とする30兆円規模の令和2年度補正予算の編成や、消費税の適用を事実上停止する減税措置などを柱とした「”令和の恐慌”回避のための30兆円規模の補正予算編成に関する提言」を提出いたしました。感染拡大で「日本経済が負のスパイラルに陥る可能性が極めて高い」と指摘し「大胆な経済政策」を求めました。感染拡大が日本経済に相当厳しい影響を与えております。前例にとらわれず思い切ったことをやらなくてはなりません。

かど博文の政策