ホーム > 活動報告

活動報告

感染症対策の勉強会

2020年05月13日

衆議員議員17名、参議院議員2名が入会している勉強会「博愛会(はくあいかい)」にて、元厚生労働省の医系技官で医師の木村もりよ先生をお招きしました。「新型コロナウイルス感染症の“対策を決める”うえで、明らかにできていない部分を特定することが大変重要」とのお話でした。その明らかにできていない部分を特定するためには①人的及び物的な研究資源の集中②精度の高い抗体検査、抗原検査を前提とした無作為抽出による大規模な標本調査、これらの実施、充実が当面の課題です。そこで博愛会として自民党の二階幹事長、岸田政調会長に要請書という形にして提出いたしました。

かど博文の政策