ホーム > 活動報告

活動報告

西山東地区 和田川に簡易水位計が付きました

2020年06月03日


和歌山大学、信愛女子短大そして西山東地区連合自治会が進めていた「IoT水位計(危険管理型水位計)」が和田川の又二橋に設置されました。設定した危険水位に達したとき、住民の皆さんにメールやLINEにて通知が届くシステムです。この近辺は以前から水があふれやすく、何回も視察に行って森県議、地域の皆さんと共に対策等を検討してまいりました。その対策案の一つとして和歌山大学、信愛女子短大の協力を得て、今回の「IoT水位計」の設置へと至りました。自民党の後押しで、住民の共助、自助による簡易水位計の設置が進み、防災・減災活動が進んでおります。今後、前代川や市内のため池等でも設置を進める予定です。

かど博文の政策